赤ちゃんのミルク作りにウォーターサーバーを

赤ちゃんのミルク作りは大変です。


授乳のたびにお湯を沸かし、人肌に冷ます。

一回のミルクに必要なお湯の量はほんの200ccほどなのですが、作り置きはできません。

その作業を3時間おきに繰り返します。24時間365日延々に続くのです。

しかも、最近の原発問題から水道水の汚染が心配されるようになり、我が子に安全な水を飲ませたいと望むお母さん達は、市販のミネラルウォーターを買い求めるようになりました。煮沸する前にお店に水を買いにいく。



ミルク作りはまさに重労働です。

OKWave情報が手に入ります。

そんな授乳中のお母さんに支持されているのが、ウォーターサーバーです。



赤ちゃんを連れて重たい水を運ぶのはとても大変ですが、ウォーターサーバーを設置すれば、必要な時に必要なだけ、おいしくて安全な水をいつでも自宅に届けてもらえます。

また、人肌のお湯をあっという間に作ることができるのもウォーターサーバーの魅力です。

サーバーには「給湯」と「給水」の2種類の機能が用意されていますので、熱湯と水を上手に組み合わせるだけで、適温のお湯が出来上がります。

夜中にお腹を空かせて泣き続ける赤ちゃんを抱っこしながらお湯を沸かし、焦るあまりに、人肌には程遠い熱すぎるミルクを与えてしまった、などという失敗もなくなるのです。最近では、省スペースでサーバーを設置できるようになり、給湯に必要な電気代も安くなっています。


毎日のミルク作りにお困りのお母さんは、一度ウォーターサーバーの設置を検討してみてはいかがでしょうか。その際、水の種類は自由に選べますので、ミルク作りをメインに考えるのであれば、ミネラル成分を過剰に含まない国産の軟水を選ぶことをおすすめします。